専門用語を覚える

工場

魚群探知機は漁をする方に取って必要となる機械でどんな場所に魚が隠れていても見つけ出してくれる代物です。また、誰が観ても分かりやすいように魚体をグラフ表示しています。また、画面の端には推進メーターが付いており、どの深さに魚がいるのか表示してくれています。しかし、一言で魚群探知機と言っても色々な種類があるので購入する際には自分の船に合った探知機を購入する必要があります。例えば、小型ボートで釣りをする方は小さいサイズの魚群探知機を購入しなければなりません。また、多くの小型ボートには電気を繋ぐ部分がないので、バッテリーから電源を供給しなければ利用することが出来ません。

魚群探知機はどのような方でも利用できるように作られていますが、専門用語があり聞き覚えのない言葉が沢山あります。例えば、Aスコープは画面の端にあるエコーの強さを示す画面モードのことで、魚の種類や海底の深さなどを判断するときに使用する機能です。他にも、TVGと言うものもあり意味としては感度調整のことを示唆しています。海は深いところと浅い所があり、エコーの反射が異なるのでTVGを使用して補正する必要があります。また、TVGには海面付近のエコーを除去する効果も備わっていて、重要な役割を担っているので言葉の意味を理解しておきましょう。このように、魚群探知機の専門用語は難しくなっていますが、取り扱い説明書には専門用語が羅列されているので、しっかりと意味を把握する必要があります。